あと少しでビジネスクラス…マイルを安く買う方法(実践中)

8211f3f1f4d696f207252f5753a9e0a8_s

マイラーにとっての悩みどころが、あと一歩及ばず…状態。例えば、目標にしていたビスネスクラスの特典航空券ゲットまで、あと○マイル足りない。しかも、マイルの有効期限がヒタヒタ迫っている。まさに「オー マイ ガッ!」です。

本来なら搭乗してマイルをためるのが正攻法なのですが、少し荒技を使ってみます。「バイマイル」という手法です。その名のごとく、マイルを買うのです。日本の航空会社は、外資系と違い、直接バイマイルすることができないため、間接的に買ってみることにします。

 

スポンサーリンク

バイマイルが有効なのかを徹底検証

6c23cd60c9e22430e7ab7133ef916098_s

足りないマイルを取得するため、「そこまでするか」と言われそうですが、やってみることにします。シミュレーションするのは羽田、英国・ロンドンのビジネスクラスです。マイルの価値を最大限に生かせるのは、国際線のビジネス以上という観点から、同路線をセレクトしてみました。

【羽田⇔英国・ロンドンのビジネスクラス】(某日の通常期)
交換に必要な特典航空券のマイル数は9万マイルです。
(運賃46万8070円-燃料・サーチャージ5万9140円)÷9万マイル=4.54円
この路線は、1マイルが4.54円の価値があるということになります。

これなら、普通に正規料金でチケットを購入するより、1マイル換算で2~3円(=2~3倍)で足りないマイル数や9万マイルを丸ごとゲットした方が、お得だということです。1マイルの価値が2円(2倍)を切るような国内線などは、バイマイルではあまり得策とはいないでしょう。

 

「バイマイル」の効率化を図る方法とは

89b078c165fd0f6c48ee600c3718f038_s

それでは、「バイマイル」の具体的な方法を紹介します。通常のショッピングよりもはるかに効率的にポイント=マイルがたまるのは、ポイントサイトを使うことです。「ハピタス」と「ポイントタウン」という2つのポイントサイトがおススメです。

詳細はこちらをご覧ください。

3ヶ月で12万マイル貯める方法を見つけた(実践中)

2015.12.21

方法は簡単です。この2つのポイントサイトを経由して、ショッピングをすればいいのです。例えばハピスタの「ショッピングでためる」から「100%バック」を選択。すると、最初に出てくるのはほとんどの場合が青汁です。

青汁の代金3,800円+500円=4,644円で、ポイントが4,104になります。ソラチカルートでマイルに変換すると、3,693マイル(0.9倍相当)となり、1マイルにかかった購入コストは1.26円。さらに、ヤフオフなどで売れれば、購入コストは下がります。

相場の2,000円で売れれば、手数料を抜きに考えれば、(4,644円-2,000円)÷3693マイル=0.72円。1マイル1円を切りました。恐るべき、マイルの錬金術ですね。一般的なクレジットカードのポイント還元率では、37万円相当の買い物をしければなりませんから。

ただし、マイルの移行期間が最短でも120日かかるのが大きなデメリットです。

 

マイル換算を短縮する方法

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

「ハピタス」では、マイルへの移行期間が最短とはいえ、120日もかかります。もっと短縮する方法として、「ポイントタウン」を使うと最短で60日になり、短期間で大量のマイルを獲得できます。

100%還元の案件は、スマホ限定になります。毎月初め(~10日前後)に対象案件が掲載されます。お金がかかりますが、月額1万円の新規会員登録の案件では20万ポイントをゲットできます。

20ポイント=1マイル換算なので、ソラチカ経由でマイル換算すると、9,000マイル(0.9倍)になり、1万円÷9,000円で1マイル当たりのコストが1.11円になります。

ポイントを獲得したら解約手続きをしないと、1万円の課金が続きますので注意が必要です。

 

最終手段①nanaco経由で滑り込み

とはいえ、マイルの有効期限まで60日も待てない、というような状況もあるはずです。この場合、あくまで緊急避難的にnanaco経由の力技でマイル換算をします。最短で12日間でマイルへ移行ができます。マイルが無効になるよりはマシです。

ハピタス(orポイントタウン)→PeX→ANAマイル(120日程度、交換率90%)

ハピタス(orポイントタウン)→nanaco→ANAマイル(12日程度、交換率50%)

ダウンロード

img04

ただし、移行のための換算率は50%とかなり悪くなります。1万ポイント1万円で5000マイルとなりますので、あと1万マイル以下で希望している特典航空券をもらえる、というような状況であれば十分、アリだと思います。1マイルで2円という最低基準は満たしています。

 

最終手段②SPGでバイマイル

実はせこい私は来年の5月頃に予定しているハワイ旅行でビジネスクラスで行きたいなと思っています。

自腹でいくのならもちろんエコノミーですが、1人6万マイルで20万円相当するビジネスクラスに乗れるのであればそりゃビジネスクラスで行きますよ、と。一度ビジネスに乗られたことがある方は、長距離旅行でのあの快適なシートは忘れられないでしょう。

ということで、以下の記事でご紹介しているとおり、コツコツとマイルを貯めてるべくハピタスでポイントを貯めているのですが、ポイントの交換期間等を考えますと来年5月には間に合わなさそうでして…

1マイル8円以上?マイルの価値を最大化する交換方法

2015.12.24

そこで色々調べた結果、こんな方法を見つけたんです。スターウッド プリファード ゲストのスターポイントを活用する方法です。

「スターポイント」はスターウッド プリファード ゲストでご利用いただけるポイントです。 シェラトン ホテル&リゾート・セント レジス ホテル&リゾート・ウェスティン ホテル&リゾート・Wホテルをはじめとしたスターウッド ホテル&リゾートでのご宿泊、お食事などで貯めたポイントをマイルに交換できます。

スターポイント→ANAのプログラム

FireShot Capture 2 - スターウッド プリファード ゲスト 「スターポイント」│ポイント交換│マイル_ - https___www.ana.co.jp_amc_reference

引用:ANA:スターウッド プリファード ゲスト 「スターポイント」 [ポイント交換]

実はこのスターポイント、spgの公式サイトから購入できるんです。しかも購入金額に応じて割引がつきます。(ご検討中の方は、まずはspgのアカウント=無料を作成してくださいね)

2

そうそう、これです、これ。”20,000スターポイントをご購入の場合:25%割引”とありますよね。ここまで買うのがポイントなんです。さて計算してみましょう!

コスト:1ポイント0.035米ドル×20,000スターポイント×75%(25%OFF)=525ドル(63,000円程度)

獲得できるポイント:20,000スターポイント→25,000マイル(ANAから5,000ポイントのボーナスがあります)

結論:63,000円÷25,000マイル=2.52円

すごくお得な感じはしませんが、ビジネスクラスにマイルを使った場合は3.5円程度になりますので、この際致し方ない、ということでひとまず年内に20,000ポイント分を購入しちゃいました。

※ちなみに、注意点は1暦年に20,000ポイントしか購入できません。ですので、spgアカウントをお持ちの方で試してみたい!という人は年内に一度やっておきますと、来年に再度購入できるようになります。

※※また、スターポイントの購入は有効なアカウントを最低14日間以上持っている必要があるようです。

 

まとめ

バイマイルは、できるだけ日常生活品の購入とリンクさせていけば、無理なく効率的にマイルをためることができます。ここで紹介した方法は、せっかくためたマイルを無効にしない方法です。

マイル獲得のための、かなりの変化球なので、しっかりとスケジュールを考えておくことが大切ですね。

 

スポンサーリンク