マヒログ解説、海外でレンタカーを借りるときに読みたいレンタカー保険の基本

19353bae5639a1f0cdc6ba5870b4dbea_s

こんにちは、プラチナカードホルダーのまひです。

海外でレンタカーを利用する際には、必ず保険に入る必要があります。

海外滞在の際には持っていた方がよいクレジットカードですが、クレジットカードの保有者であれば、レンタカーを利用するときに、付帯する保険で「レンタカー保険」をカバーできれば便利だと考えることもあるかと思います。

そこで、今回は、海外でレンタカーを利用する際に必要な保険の基本的な事項を中心にご紹介します。

プラチナホルダーの海外旅行で失敗しないための5つのメモ

2016.09.28

 

スポンサーリンク

海外レンタカーの保険基礎知識

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s

海外でレンタカーを借りるときには、必ず保険に入る必要があります。

海外レンタカーの保険の種類と内容について、以下に表にまとめました。ご参照ください。

海外レンタカーの保険の種類と内容

保険の名称内 容

LP・PP

自動車損害賠償保険

 日本の自賠責保険のような対人・対物保険です。レンタル料の中に強制的に含まれます。

ただし、補償額は国や地域(例えば、州)によって異なるので確認が必要です。

LDW

車両損害補償制度

 レンタカーの盗難や破損の修理費が免除される制度です。

ただし、車の鍵を付けたままで盗難にあった場合は対象外です。

LSI・SIL・LIS

追加自動車損害賠償保険

 上のLP(自動車損害賠償保険)の補償額をアップするオプションです。

自動車損害賠償保険の補償額が低い場合に加入します。

PAI

搭乗者傷害保険

 本人や同乗者が、レンタカーの事故で死亡またはけがをしたときの補償です。

PEC・PEP

携行品保険

 車内の所持品の盗難・損害を補償します。

 

海外の「レンタカー保険」には、基本的に、上の表にあるように、5種類があり、そのうち、「自動車損害賠償保険(LP・PP)」は「損賠責任補償」が適用される保険で、レンタカー料金の中に含まれますので、別途加入する必要はありません。

また、海外でレンタカーを借りる場合は、必ず保険に加入する必要がありますが、その保険は、現地で加入する必要はなく、どこで加入しても問題ありません。手順としては、まずレンタカーを借りて、その後保険に加入することになります。

 

クレジットカード付帯の保険ではほとんどカバーされない

f227984e45ac90d761b62f74d9134514_s

クレジットカードに付帯する保険の中で純粋に「レンタカー保険」として付帯するサービスは、年会費無料のカードはもちろん、ゴールドカードにも存在しません。

クレジットカードに付帯する保険で「レンタカー保険」として適用可能なものは、「海外旅行傷害保険」になります。この海外旅行傷害保険のうち、補償が「レンタカー保険」に該当するものを表にまとめて以下にご紹介します。

補償が「レンタカー保険」に該当する海外旅行傷害保険

補償項目対象内容
傷害死亡・後遺障害事故で死亡した場合、または後遺症障害が残った場合の補償
傷害治療費用事故でけがをした場合の治療費用
携行品損害携行品(身の回りの物)の盗難・破損の補償

 

海外旅行傷害保険のうち、上に挙げた3つの補償が、レンタカー利用時にも適用される保険です。これらの補償はすべて、本人に対しての補償となっています。

さらに、海外旅行傷害保険は、純粋な「レンタカー保険」ではなく、ある程度の補償がカバーされるという性質のものです。海外旅行傷害保険は、上でご紹介した「レンタカー保険」でいえば、「搭乗者傷害保険(PAI)」と「携行品保険(PEC・PEP)」をカバーしているにすぎません(実際は、全範囲をカバーしていません。)。この点については、十分に注意しておく必要があります。

H.I.S. 海外レンタカー予約が意外に安かった件(「おまかせ!ナビクーポン」がおすすめ)

2016.10.27

 

これだけは入っておいてほしい、3つの保険

de530fead0dc573dac1be2e6a0d3131c_s

クレジットカードに付帯する保険では、レンタカー保険の補償内容を十分にカバーできないことが分かりました。これでは、万一の事故に対しては不安が残ります。

この記事の冒頭で、海外レンタカーの保険の種類(5つ)とその内容について、ご紹介しました。これらのうち、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、「レンタカー保険」でいうところの「搭乗者傷害保険」と「携行品保険」をほとんどカバーしていると考えられます。

そこで、レンタカー保険は、次に挙げる3つの保険には最低でも入っておきたいところです。何かがあったときの備えになり、安心です。

 ・自動車損害賠償保険(LP・PP)

 ・車両損害補償制度(LDW)

 ・追加自動車損害賠償保険(LSI・SIL・LIS)

しつこいようですが、念のため、これらの保険の内容をもう一度掲載しておきます。この機会に、3つの保険の存在だけでも構いませんので、覚えてくださいね。

保険内容

保険の名称

内 容

LP・PP

自動車損害賠償保険

 日本の自賠責保険のような対人・対物保険です。レンタル料の中に強制的に含まれます。

ただし、補償額は国や地域(例えば、州)によって異なるので確認が必要です。

LDW

車両損害補償制度

 レンタカーの盗難や破損の修理費が免除される制度です。

ただし、車の鍵を付けたままで盗難にあった場合は対象外です。

LSI・SIL・LIS

追加自動車損害賠償保険

 上のLP(自動車損害賠償保険)の補償額をアップするオプションです。

自動車損害賠償保険の補償額が低い場合に加入します。

 

金額を考えれば、空港の外で借りたい

8463b4d953262fe71b95b34dd4dc92c9_s

ちなみに、話は変わりますが、空港でレンタカーを借りると空港サーチャージ(空港使用料)や追加料金を取られるため、空港の外で借りる方が一般に安いとされています。

例えば、アメリカでは、空港の外であっても、市街地の至る所でレンタカーを借りることができますので、不便さはさほど感じないと思います。

万一のために保険にお金をかけた場合、それ以上の費用が発生するのを抑えるために考えられる対策の一つとしては、以上のようなことがあります。

なお、荷物を持って移動するのが面倒という方は、空港で借りる方がよいでしょう。また、海外でレンタカーを初めて借りるという方にとっては、空港で借りる方が、利用方法などの点で分かりやすいと考えられます。

初めての海外キャッシング、現金の下ろし方から返済まで

2016.09.10

 

まとめ

いかがでしたか。今回は、海外でレンタカーを利用する際に必要な保険についてご説明してきました。

クレジットカードに付帯する保険は、レンタカー保険の一部として利用することは可能ですが、万一の事故に対しては一部がカバーされるにすぎません。

このため、上でご紹介しましたレンタカー保険には最低3つ加入しておきたいところです。これらの保険に加入することにより、レンタカー利用時の安心感が増します。

海外でレンタカーを運転する際は、心に余裕を持ってドライブを楽しみたいですね。

 

 

スポンサーリンク