何これ最強じゃね?「ホームウェア・プロテクション」がどこまで使えるか検証してみた

17335652abe725e7df9f8118128375ac_s

アメックスって、単なる決済機能のあるクレジットカードではないんです。「ホームウェア・プロテクション」って、みなさんご存じでした?

 

これ、すごいですよね。あまり付帯保障として気付いていない方もいらっしゃるのでは?と思いちょっと紹介したくなりました。

 

スポンサーリンク

ホームウェア・プロテクションとは

5737869203574a5597f2ee42f5916171_s

せっかく、購入したパソコンが壊れてしまったら…。旅行に張り切って持っていた新品のカメラをぶつけて傷つけてしまった…。こんなことは、日常でよくあることです。なんといっても、相手は機械なのですから。

 

現在お持ちの電化製品・パソコンやカメラなどが万一破損した場合でも、プラチナ・カードでのご購入の有無に拘らずご使用期間に応じて、ご購入金額の50〜100%を保証いたします。

え、プラチナ・カードでのご購入の有無に拘らずって、アメックス使って買わなくてもいいってことですよね!!

アメックスの電化製品の補償を対象にしているのが「ホームウェア・プロテクション」という保証制度なのです。

 

アメックス・プラチナ付帯の各種保険・プロテクション

アメックス・プラチナカードには様々なシーンで活用されるケースが多い保険・プロテクションが付保されていますが、一口に保険と言っても、様々な項目に分かれていますので、それらについて少し紹介していきます。

 

旅行中の事故、ケガや携行品の盗難など旅行傷害保険
海外航空便遅延費用保証
カードで購入した商品のキャンセル・破損・盗難などキャンセル・プロテクション
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
ショッピング・プロテクション
ホームウェア・プロテクション ←今回勉強中
ワランティ・プラス
日常生活における賠償事故やスポーツ中のケガなど個人賠償責任保険
ゴルフ・テニス・スキー保険

 

上記の3つの分野に分かれていて、それぞれのシーンで活用することが出来ます。今回はその中でも「カードで購入した商品のキャンセル・破損・盗難など」に対する保険ですね。

 

「ホームウェア・プロテクション」の詳細

ae496acb4fa74f811e6ce53317c72626_s

ホームウェア・プロテクションをマスターするためには利用規約の理解は必要不可欠です。以下に利用規約(2015年7月31日時点)を引用しながらレビューをしてみたいと思います。
(なお、実際に利用されるときにはしっかり利用規約をみておいてくださいね)

引用元:ホームウェア・プロテクション規定

 

保証サービスの内容

ホームウェア・プロテクションとは、プラチナ・カード会員が所有している製品に対し、火災、盗難、破損、水濡れなどの偶然な事故により生じた損害を保証するものです。

ポイントは「盗難」と「破損」「水漏れ」などをカバーしている点です。カバー範囲が広いですね!

 

保証を受けられる人

この保証は、プラチナ・カード会員の基本カード会員及び追加カード会員に対して提供されます。

 

保証期間

ワランティー・プラスの保証期間は、メーカー保証期間終了後2年間とします。また、購入が上記の保険期間内になされたものであれば保険期間終了後であってもメーカー保証期
間終了後2年間とします。
ホームウェア・プロテクションの保証期間は、上記の保険期間と同一とし、この期間内に損害が生じた場合に保証します。

そう、ここがミソなんです。まず、ワランティ・プラスについてあまりご存じでない方はこちらの記事を読んでおいてくださいね。アメックスで買い物をする時、とっても重要になってきます。

 参考 「最強の保証」カードで買うだけで2年間の追加保証、ワランティ・プラス

 

次の保証限度額をご覧いただくとよくわかると思いますが、ワランティ・プラスが故障に対する補償であるのに対して、ホームウェアプロテクションは火災・盗難・破損・水漏れなどによる損害に対する補償だということです。

ワランティ・プラスはアメプラで決済した商品のみの保障ですが、ホームウェア・プロテクションは持っている対象商品がすべて保障の対象となるわけです。

 

お支払いする保証限度額

毎年12月1日より起算した1年間、ワランティー・プラスとホームウェア・プロテクションの保証を合わせ50万円を年間の保証限度額とします。また、この限度額はプラチナ・カードの基本カード会員及び追加カード会員合算となります。

FireShot Capture 1 - - https___icm.aexp-static.com_Internet_IntlPremiumSites_Platinum_jp_ja_Insu

むむ…ここはなかなか奇怪ですね、次の補償対象となる製品の要件である「メーカー保証期間が1年間の家電製品…」と保証期間の2年間を合わせて読むと、最長でもワランティ・プラスと同じ3年間までしか保証されないような気がしますが、この表にはなんと4年超のケースでも50%が保障されるような記載になってますね。どっちが正しいのか…後日調べてみます。

 

この保証の対象となる製品

  • メーカー保証期間が1年間の家電製品、パソコン、ワープロ、時計、カメラ、電話機(携帯電話、PHSおよびポケットベルなどの移動電話を除く)などの製品

  • 日本国内で修理可能な製品

カバー範囲が広いですね、もう家電小売店の保障サービスいらないんじゃないの、とも思えちゃいます。携帯電話は対象外なのは残念!

 

この保証の対象とならない場合

次に掲げる製品は保証の対象になりません

  • メーカー保証がない製品及びメーカー保証期間が1年間以外の製品(6ヶ月、3年間など)

  • 日本国内で修理不可能な製品

  • 中古品及び転売を目的として購入された製品

  • プリンター、ソフトウェア、周辺装置、コード及びバッテリーなどの製品本体に付属して使用する製品

  • ラジコン模型およびこれらの付属品

  • 宝石、貴金属、コンタクトレンズ、眼鏡、サングラスなどの装身具類および衣服

  • 船舶(ヨット、モーターボート、水上バイク、ボートおよびカヌーを含みます。)

家電製品、パソコン、ワープロ、時計、カメラ、電話機がカバーされていれば、もう十分な気がしています。

 

保険期間を延長するワランティー・プラスとは

一応、ワランティ・プラスをご存じない方もいらっしゃると思いましたので、さらっとご紹介しますね。

ワランティー・プラスとは、プラチナ・カード会員がプラチナ・カードにより購入された製品の保証期間を2年間延長(メーカー保証終了後2年間)し、故障の修理費用を保証するものです。故障とは取り扱い説明書及び本体貼付ラベルなどの注意に従った正常な使用状態で修理が必要となる場合を言います。

 参考 「最強の保証」カードで買うだけで2年間の追加保証、ワランティ・プラス

 

「ホームウェア・プロテクション」を活用した事例

正直私はまだ使ったことがありませんでしたので、「本当に使えるのかね」なんて疑問もありました。

しかしインターネットを探してみると、結構いるものですね、実際に保障を受けているアメックス・プラチナ・ホルダーの方が!

これまで愛用していたパソコンにお茶漬けをかけてしまって…
パソコンの修理依頼を出してたんです。
ところが、購入してまだ半年たっていないのに水没ということでばっちり有償修理。
修理値段は…なんと10万8千円でした
たかが65000円程度のパソコンでなんで???と途方にくれてたのでした。
修理の見積もりが出るのに2週間、何もせずに待ってたのに…
しかも、修理をキャンセルしても見積もり算出料7000円を取られてしまう。
幸い、ハードディスクは無事だったので、
外付けハードにして安いパソコンでも買おうかと思ってたところでした。

でも、確かAMEXのプラチナには家電保障制度があったはずだと思い出し、
雨白コンセルジェデスクに保険のことについて問い合わせたのです。
そしたら、保険会社に直接問い合わせてくれと言うことだったので、翌日保険会社に連絡しました。
保険会社は、故障の内容や購入してからの期間などを聞いてきて、
なんと、AMEXプラチナの会員ならホームウェアプロテクションという保険が適用され、
家電を壊したときはその購入金額の100%~50%を保障してくれるとのことでした
しかも、私の場合はパソコンを購入して半年未満だったので、
購入金額の100%が保障される
なんてすごい保険なんだろ
こんなことしているとすぐカードの年会費の元が取れてしまう。
保険会社に問い合わせて、1週間弱で保険金の請求書が届きました。

でも、100%保障されても修理代の方が高いため、
保証金を元手に新しいパソコンを購入しました。
それが、写真のパソコンで、109800円で購入。前回のパソコンよりハイスペックです。
メモリが4GB、HDが500GB、CPUはインテルCorei5の2010年冬の最新モデル。
サクサク動いて最高です。後は壊れたパソコンからハードディスクを回収するだけだ。

引用 遙かなるインドへ…:アメックスのホームウェアプロテクション

なんと、この事例では本当に100%保障されちゃったわけですね。実際に保険請求した時の対応も早いっ!

 

同じAMEXプラチナカードを所有している友人からの情報ですが、少し前に愛用していたノートPCが落下させたときに破損してしまったそうで、上記のプランの申請を行ったようです。

破損箇所は、主として液晶画面、HDD、M/B(マザーボード)、バッテリーだそうですが、修理費用の見積もりは、およそ18万円だそうです。液晶画面だけでも9万円はするそうですね。バッテリーは保険会社さんとしては微妙な判断のようですが、「落下によってフル充電をしても20分も使用でき無くなった」ことをアピールしたようです。バッテリーだけでも約3万円はしますから、アピールをした方がいいですね。(もちろん、正直にです)

購入は4年前に約26万円ということで、およそ60-70%が保障されるようですね。(すみません、正確な数字を忘れてしまいました)

結局、保障金額の方が安いということで16万円ちょっとを受け取り、新しいモバイルPCを購入したようです。でも、購入時には「AMEXプラチナカード」以外で支払いをしたようですね。

引用 ホテル、マイル、プレミアムカード、FX等の使用レポ:AMEXホームウェアプロテクション 2 (2)

これも、似たような事例です。タブレットPCなども対象に入ってくるのでしょうね!

 

まとめ

アメックス・プラチナホルダーは、決済時の利点や上質なサービスに目がいきがちです。私もそうでした。しかし、それだけでは、ちょっと寂しいじゃないですか。

 

プラチナのサービスはまさに保証の充実さもある、と声を大にして言いたい。思い出しました。プラチナカードの招待がきたとき、妻が「プラチナの保証って、すごいね」とつぶやいたひと言を。女性は本質を見抜きますね。

 

スポンサーリンク