H.I.S. 海外レンタカー予約が意外に安かった件(「おまかせ!ナビクーポン」がおすすめ)

42ba9b37ab33501cd91f53a657fe4ed0_s

こんにちは、アメックス・プラチナカードホルダーのまひです。

海外の広大な地では、移動にレンタカーを利用したいという場面もあることと思います。そのような場合、現地でレンタカーを借りるというのが最も一般的だと思います。

いつも海外レンタカーにレンタル比較サイトを何時間も調べて無駄な時間を費やすわけでして、そんな私の出した結論をとして、日本のサイトから簡単に予約をすることができる海外レンタカー予約サービスをご紹介するとともに、海外のレンタカーの費用などについてご説明したいと思います!

プラチナホルダーの海外旅行で失敗しないための5つのメモ

2016.09.28

 

スポンサーリンク

H.I.S.海外レンタカー予約とは

f87afc59d889df714faa22307388cf76_s

海外でレンタカーを借りようと考えている方が、出発前に日本に居ながら予約できるサービスがあります。代表的なサービスの一つとして、「H.I.S.海外レンタカー予約」があります。

ここでは、この「H.I.S.海外レンタカー予約」をご紹介します(決して、HISの回し者ではないですよ。)

「H.I.S.海外レンタカー予約」は、日本でもおなじみの旅行会社H.I.S.が提供する、海外のレンタカー会社を一括検索し、レンタカーの予約ができるサービスです。全世界400都市、約1,000の営業所に対応しています。滞在先のホテル、目的地付近の営業所が簡単に探せます。

事前にサービス内容を確認することができ、日本円で支払いが完了します。現地カウンターでの煩わしい手続きも簡略化されますので、非常に便利です。

また、出発日当日も、現地到着後も最大4時間前まで予約が可能です。さらに、利用しなければ、キャンセル手数料もかかりません。

サービスの詳しい内容は、H.I.S.海外レンタカー予約の公式サイトをご覧ください。

「H.I.S.海外レンタカー予約」の公式サイト

 

レンタカーの費用で大きく違うのは保険!

da38300d814fe85b5d7a098f56d03720_s

海外レンタカーの費用の大まかな内訳は、レンタル料、保険、税金の3つです。これらの3つについて、以下にご説明します。

(1)走行距離無制限(Unlimited Kilometres)

レンタカーのレンタル料です。基本的に、日数に応じて車を借りるため、距離は無制限になります。1日30ドル程度が目安です。

 

(2)保険

保険は、次に示すように、いくつかの種類があります。スタンダードプランですと1のみです。2~6はオプションで、これらをフルパッケージにしたサービスが多く存在します。オプションを追加するかどうかで費用が変わってきます。このため、レンタカーの費用では、保険にかかる費用が最も大きく違ってきます。

1.自車両損害補償保険(CDW: Collision Damage Waiver)

いわゆる自賠責です。ミニマムのプランでも付いてきます。

2.追加自動車損害賠償保険(対人・対物)(SLI: Supplimentary Liability Insurance)

任意保険です。EP(Extended Protection)ともいいます。

3.パーソナル事故保険(Personal Accident Insurance)

自損事故のときに、同乗者の補償をする保険です。

4.第三者傷害保険(3rd Party Liability)

事故の当事者でない第三者を補償する保険です。

5.対無保険者傷害保険(UMP: Uninsured Motorist Protection)

事故を起こした相手の車が保険に加入していないときに、その分の費用も保険会社が負担してくれるという保険です。

6.盗難保険(Theft Protection)

車上荒らしにあったときに備えての保険です。

上の2~5の任意保険は、1日30ドル程度かかります。これらの保険に加入せずに事故を起こしてしまった場合、数万ドルの実費がかかることがありますので、忘れずに入っておきたいところです。

 

(3)税金

以下の2つがあります。

・地方税(Local Taxes)

地域(例えば、州)ごとに定められている税金(Tax)です。地域によっては、ツーリスト税を課しているところもあります。

・空港サーチャージ(Airport Surcharge)

税金と同様の性格があるため、ここでは「税金」のカテゴリーに含めています。「空港使用料」、「空港利用料」などともいわれます。空港内で車を借りるか返すと取られます。空港サーチャージは意外と高額ですので、市街地の営業所で車を借り(そして返し)、空港へはタクシーなどで行った方が安いことがあります。

初めての海外キャッシング、現金の下ろし方から返済まで

2016.09.10

 

直接予約もいいが、選べるのであれば、H.I.S.海外レンタカー予約が安いケースが多い

f5b0810e23fdbc18724e04e6383153c6_s

日本から海外レンタカーを予約できる代表的なサービスは、H.I.S.海外レンタカー予約と、楽天トラベルの海外レンタカー予約です。これらの2つのサービスでは、先にご説明しました保険をフルパッケージとして提供しています。保険がフルパッケージにされたプランの場合、現地で借りるよりもリーズナブルです。

海外の業者に直接予約をすると、スタンダードパッケージは安いのですが、オプションは基本的に現地で精算となります。このため、日本で、フルパッケージで予約した方が安くなります。

H.I.S.海外レンタカー予約では、欧米のHertz、DOLLAR、Alamo、AVIS、Budget、Nationalといったメジャーなレンタカー会社を一括で検索することができます。任意保険は、フルパッケージからスタンダードまで選べます。

また、H.I.S.海外レンタカー予約には、「おまかせ!ナビクーポン」というプランがあります。これは、日本語音声カーナビが付き、任意保険と税金とガソリン満タン1回分が料金に含まれた便利でお得なプランです。必要なものはすべて料金に含まれていますので、現地でのやり取りが簡単です。特に、海外レンタカーに慣れていない方にはおすすめです。詳しくは、H.I.S.海外レンタカー予約の公式サイトをご覧ください。

「H.I.S.海外レンタカー予約」の公式サイト

このようなプランを利用するとさらにお得です。レンタカーを利用するエリアにおいて選択できる場合は、H.I.S.海外レンタカー予約を利用するのが、他のサービスよりも安いことが多いと思います。

楽天トラベルの海外レンタカー予約もご紹介しておきます。このサービスには、欧米のメジャーなレンタカー会社(Hertz, DOLLAR, Alamo, AVIS, Budget, SIXT, Europcar)だけでなく、バンコク、ソウルのレンタカー会社まで、ラインナップがあります。任意保険は、基本的にフルパッケージです。詳しくは、楽天トラベルの海外レンタカー予約の公式サイトをご覧ください。

「楽天トラベル」の「海外レンタカー予約」の公式サイト

海外のレンタカー会社は、予約サイトが日本語であっても、現地払いがほとんどです。車種選択の金額はレンタル料金と自賠責のみであるため、オプション追加(任意保険、税金など)でさらに上乗せされたものが合計額になります。

また、現地において英語で追加オプションを勧められることが多くあります。英語の対応に慣れていない方は、日本でフルパッケージを支払えるサービスを利用されるとよいでしょう。

 

金額を考えれば、空港の外で借りたい

3c99254bd9a8bd2c460675c4ef5a1c69_s

一般的にいいますと、空港でレンタカーを借りると空港サーチャージや追加料金を取られるため、空港の外で借りる方が安いとされています。

例えば、アメリカでは、空港の外であっても、市街地の至る所でレンタカーを借りることができますので、不便さはさほど感じないと思います。

なお、荷物を持って移動するのが面倒という方は、空港で借りる方がよいでしょう。また、海外でレンタカーを初めて借りるという方にとっては、空港で借りる方が、利用方法などの点で分かりやすいと考えられます。

 

まとめ

海外旅行や出張では、レンタカーを借りて目的地に行くのが便利な場合があります。ですが、日本とは違って、現地で借りることに抵抗がある方もおられると思います。

しかし、そのような心配は、無用といっていいでしょう。日本でおなじみの企業には、海外レンタカーの予約サービスがあり、日本語のホームページから簡単に予約ができてしまいます。また、現地で借りるよりもお得なことが多くあります。

今回ご紹介しました日本のサービスを利用して、快適な海外滞在を楽しみましょう。

【海外旅行】ニュージーランド旅行で分かったアメックス・プラチナの旅行力(移動編)

2015.12.09

年会費無料のクレジットカードで手に入れる海外旅行保険2選

2016.10.29

 

スポンサーリンク