【アメリカン・エキスプレス】悲しい改悪。ANA以外は1ポイント=0.8マイルに

a3510145012884f216c06cd5f05fa21d_s

  こんにちは、プラチナカードホルダーのまひです。

アメリカン・エキスプレスには、「メンバーシップ・リワード」というポイント・プログラムがあります。

ポイントは、工夫次第でどんどんたまっていき、たまったポイントは、さまざまな商品と交換したり、支払いに充当したり、マイルに移行したりすることができます。

先日、2017年4月から海外提携航空会社へのマイル移行レートが変更されることが、アメリカン・エキスプレスから公式に発表されました。

そこで、今回は、「メンバーシップ・リワード」を取り上げ、海外提携航空会社へのマイル移行の内容変更についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

「メンバーシップ・リワード」とは

742be03cfa5bec0d80f3b65b2e4f2973_s

アメリカン・エキスプレスでは、「メンバーシップ・リワード」というポイント・プログラムを提供しています。カードの利用金額100円につき、1ポイントがたまります。

また、「ボーナスポイント・パートナーズ」という提携加盟店で利用すると、通常よりも多くのポイント(ボーナスポイント)がたまり、さらにお得です。

さらに、国内最大級の飲食店情報サイト「ぐるなび」で事前にポイント連携設定を行い、行きたいお店をネット予約すると、ポイントがたまります。カード利用分のポイントも加算されますので、一度の食事で二度お得です。

ポイントは一度交換すると、有効期限が無期限になります。これにより、安心してじっくりポイントをためることができます。また、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することでも、有効期限が無期限になります。加えて、ポイントの換算レートもアップします。なお、参加登録費として、年間3,000円+消費税が必要です。

そして、家族カードでも、基本カードと同様にポイントがたまります。このポイントは基本カードに集約(合算)されますので、効率的にためることができます。

ためたポイントは、さまざまな商品と交換できるほか、ヨドバシカメラや高島屋の商品券、提携航空会社のマイレージなどと交換することが可能ですので、使い道には困りません。次の項では、このポイントの利用方法について、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

「メンバーシップ・リワード」の詳細なサービス内容につきましては、こちらをご覧ください。

アメリカン・エキスプレスの「メンバーシップ・リワード®」の公式サイト

ANAマイルがたまる正しいANAカードの選び方

2016.10.17

 

ポイントの利用方法

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

(1)支払いに充当

「メンバーシップ・リワード」のたまったポイントは、カードご利用後の支払い代金に充当することができます。なお、2017年1月から、ポイントを旅行以外の買い物などの支払いに利用(充当)する際の交換レートが、1ポイント=0.3円から1ポイント=0.5円に引き上げられました。

<レート>

・旅行以外の買い物などに利用       1ポイント=0.5円

・航空会社での利用            1ポイント= 1円

・ホテル・旅行代理店などの加盟店での利用 1ポイント=0.8円

(2)店頭での支払いに利用

「ポイントフリーダム®」のサービスを利用すれば、ヨドバシカメラや高島屋の対象店舗において、ポイントをその場で使える商品券に交換して利用することができます。

<レート>

3,000ポイント=1,000円分の商品券

また、買い物の際、Eクーポンに交換して利用することも可能です。

<レート>

3,000ポイント=1,000円分

(3)オンライン・ショッピングでの支払いに利用

対象加盟店のオンライン・ショッピングでの支払いに、ポイントを利用することができます。

<レート>

1ポイント=0.5円

(4)500以上のアイテムに交換

ポイントを、「体験型アイテム」、「季節限定アイテム」、「厳選された500以上のアイテム」といった、アメリカン・エキスプレスのオリジナルアイテム、日常で使えるアイテムなどに交換することができます。

(5)マイルへの移行

たまったポイントを、ANAや海外提携航空会社(14社)のマイルへ移行することができます。

<レート>

1,000ポイント=1,000マイル

(6)旅行代金に利用

ウェブサイト内でポイントを利用し、ホテル、レンタカー、海外航空券のオンライン予約ができます。

<レート>

・「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」での利用   1ポイント= 1円

・「H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」での利用 1ポイント=0.8円

・「日本旅行の対象店舗」での利用                1ポイント=0.8円

1.5%のANAマイルが貯まる「ANA VISAプラチナプレミアムカード」はもちろん持ってますよね?

2016.03.15

 

20174月から海外提携航空会社へのマイル移行レートが変更

ea0374f2235e77fa5c6b68fd7b621950_s

上でご紹介しましたように、「メンバーシップ・リワード」でためたポイントは、さまざまな使い道があります。これらのうち、海外提携航空会社へのマイル移行については、レートが2017年4月1日(土曜日)から変更されます。具体的には、1,000ポイント=1,000マイルのレートが、1,250ポイント=1,000マイルになります。海外旅行や出張をする機会が多い人にとっては、この「改悪」は残念でしょう。

「メンバーシップ・リワード・プラス」ご登録の方へ、一部サービス改訂のご案内

ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」のサービスが、2017年より一部改訂となります。今回の改訂では、海外提携航空パートナーへのマイル移行レートの変更を行います。

引用:アメリカン・エキスプレスの「メンバーシップ・リワード®」の公式サイト

マイル移行レート変更の詳細につきましては、こちらのPDF資料をご覧ください。

マイル移行レート詳細

なお、ANAのマイルへの移行については、1,000ポイント=1,000マイルのレートのままであり、変更はありません。

高確率で安くなる!マヒログが実践するExpedia航空券をさらに安く予約する方法

2016.11.20

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」を取り上げ、海外提携航空会社へのマイル移行の内容が変更されることについてお伝えしました。

この海外提携航空会社へのマイル移行の変更では、レートが低くなりますので、海外旅行や出張をする機会が多い方にとっては、「改悪」といえる内容ではないでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・カードを利用されている方は、今後、マイルのため方について検討が必要になるでしょう。例えば、マイルの移行レートが高いカードを検討するということがその一つに挙げられます。

海外提携航空会社へのマイル移行以外にも、今後、サービスの内容が変更される可能性があります。提携企業の事情もありますが、基本的には利用者あってのカード会社です。サービスが「改善」されないとも限りません。カード会社から発表される情報には、日頃から注意を払うようにしておきましょう。

【プラチナカード迷っている方必見】年会費14万円のアメックスプラチナカードの招待状が来たので考えてみた。

2015.06.07

 

スポンサーリンク