新のプラチナカードとも言われる国内サービスが充実しているJCBザ・クラスを読み解く

20081103174335

こんばんわ、アメックス・プラチナ・ホルダーのまひです。

プラチナカードを探している人なら一度は聞いたことがあるJCBザ・クラス。実はこのカード、アメックス・プラチナの何倍も取得(招待状の獲得)が困難と言われています。

ステータスあり、サービスあり、質ありの最上クラスのプラチナカード「JCBザ・クラス」について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

JCB・ザ・クラスとは?

FireShot Capture 22 - 公式/JCBゴールド|JCBカード_ - http___www.jcb-originalseries.jp_gold_2016_

出典:JCBゴールド公式

株式会社JCBが、発行しているプラチナカードです。一般の人は申し込みすることが出来ず、当社のゴールドカード、ゴールドザ・プレミアを保有しているお客様で、一定の条件を満たして、インビテーションが発送された会員のみが申し込み出来るクレジットカードです。

【ご入会にあたって】

JCBザ·クラスについては、JCBゴールドにご入会後
当社の定める一定の基準を満たしたお客様をご招待させていただきます。※本サイトからのお申し込みはできません。

引用:「JCBカード」公式ホームページの「JCB・ザ・クラス」

 

 

ホームページからは申し込みすることが出来ないということを明確に記載しているところから、審査についてはかなり敷居の高いクレジットカードであることが分かります。

それだけ、ブランド力があるとも言えるでしょう。

 

JCB・ザ・クラスの基本情報

ec75bfa8569d6a3e7abe922ada9a35fe_s

基本的なカードスペックは以下の通りです。

基本情報

項目備考
年会費50,000円家族会員は年会費無料
申し込み対象者当社のゴールドカード、ゴールド・ザ・プレミアに入会しており、一定の条件を満たし、インビテーションが到着している会員
利用可能枠個別設定
締日、支払日15日締め/翌月10日払い
ETCカード無料

家族カードが年会費無料なのは、嬉しい点ですね。年会費については、後ほど説明するサービスを享受できるのであれば、高くはないかと思います。海外、国内の旅行における傷害保険も最高で1億円まで付帯している点も安心できる点だと思います。

 

申し込み方法

42aef1ba0c1fd49ee69bd4d65208bc54_s
方法備考
インビテーションあり
インターネット無し
郵送無し

一般からの申し込みは受付しておらず、JCBのゴールドカードクラス以上のカード保持者を対象に、インビテーション制を取っているようです。審査自体もかなり厳しいようで、かなり敷居の高いクレジットカードと言えます。

 

サービス内容

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s

ザ・クラスメンバーズ・セレクション

選び抜いた上質な品々のなかから、年に1回無料でお好きな商品をひとつ選べる、ザ・クラス会員の皆様だけの特別なサービスです。

 

引用:「JCBカード」公式ホームページ「ザ・クラスメンバーズ・セレクション」

約2万円相当の商品が掲載されているカタログギフトが年に1回送付され、好きな商品を選ぶシステムです。具体的には、ディズニーリゾートのパークチケット4枚、JCBトラベルチケット2万円分などがあります。これだけで、年会費の半分は元が取れますね。

 

グルメ・ベネフィット

 

国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名様分の料金が無料となる期間限定の優待サービスです。

引用:「JCBカード」公式ホームページ「グルメ・ベネフィット」

対象となる店舗一覧は、毎年自宅に郵送で送付されます。1人当たり1万円~2万円クラスの高級レストランの食事代金が1名分無料となります。プラチナカードにおいて、一番利用しやすいサービスだと思いますし、年に3回~4回程度の利用で、年会費分の元が取れます。

 

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

国内・海外のホテルや、航空券・列車・レンタカーの手配などご旅行に関する各種サポート、ゴルフ場やレストランなどのエンターテインメントに関するご相談を可能な限り承ります。<24時間・365日>

引用:「JCBカード」公式ホームページ「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」

24時間365日対応可能な秘書が付くのと同じ効果です。旅行、出張の際の、航空券、列車、ホテルなどの予約、現地の美味しいレストランの案内、予約など幅広く対応可能であり、是非、活用したいサービスです。

その他にも、国内の高級ホテルで宿泊優待が受けられるプレミアム・スティ、コナミスポーツのジムの優待価格、世界600か所以上の空港ラウンジが無料となるプライオリティサービスなど幅広くなっています。

利用の仕方次第では、簡単に年会費分の元が取れるクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

 

どうやればインビテーションをもらえるのか?

そんなとっても敷居の高いJCBザ・クラスですが、インターネットではしっかりインビテーションをもらって利用されている方が多くいます。

さて、お医者さんでしょうか、それともどこかの経営者でしょうか。

2012年にJCBゴールドを取得。

2年連続で100万円以上使うことで、2014年からJCBゴールド・ザ・プレミアになりました。

それから今日までだいたい年間300万~400万ほど使っています。

携帯代から電気ガス料金、ETC、コンビ二、その他生活費まで基本的にはすべてカードで決済しています。

さらに仕事柄出張が多く、それら全てカードで決済しているというのが、利用金額を大きく底上げしています。

一方でまだ年齢は30歳ちょっとですし、年収もまだキーエンス時代を超えられていません。

40歳以上とか、年収1500万以上とか、会社役員or医者とかいろいろ言われていますが、私の属性は完全に外れてしまっています。

この状態で2015年の12月にインビテーションをいただきました。

そして2016年1月にカードが発行され今日に至ります。

出典:名誉社畜ブログ

 

意外にも、一般的に言われているようなインビテーションの条件よりは高くないともいえます。

一つ共通して言える条件は「決済金額」でしょうか。とにかく決済を集中させて使いまくる、これに限ります。

 

まとめ

もし、インビテーションが届いており、社会的に地位が高い人の接待の機会が多い、旅行、出張などが多いという人は、是非、入会するべきです。色々なプラチナカードを見ていますが、サービス・質・ステータスすべての面においてJCBザ・クラスはアメックス・プラチナと同じ最上位ランクのプラチナカードでしょう。

特に高級レストランが1名無料となる「グルメ・ベネフィット」、約2万円相当のカタログギフトが届く、「ザ・クラスメンバーズ・セレクション」などは嬉しいサービスなのではないでしょうか。

年会費も5万円(税別)とプラチナカードの中では、低く設定されていますので、インビテーションが届いている人は、是非、検討してみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像:JCBゴールド公式

 

スポンサーリンク