最近気になっている「Luxury Card」を研究してみた結果

icatch

こんにちは、プラチナカードホルダーのまひです。

アメリカで富裕者層向けに提供されている「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」が2016年11月、日本に上陸しました。

「Luxury Card」は、アメリカでは、クレジットカード会社Luxury Card社から、金属製の3種類のカードが発行されています。

このカードの大きな特徴は、国際ブランドであるMastercardの最上級「ワールドエリート(World Elite)」が付帯することです。「ワールドエリート」のカードは、「Luxury Card」だけです。

そこで、今回は、「Luxury Card」を取り上げ、基本的な情報や特典を含めて、ご説明します。

 

スポンサーリンク

Luxury Card」とは?

a4978ee3b7bf694535888c9ddd21b3b1_s

「Luxury Card」は、2008年からアメリカで提供されている、富裕層向けのクレジットカードです。

2016年11月1日、日本でも提供開始となりました。日本では、新生銀行グループの株式会社アプラスから発行されています。カードが提供されるのは、アメリカに続いて2か国目とのことです。

「Luxury Card」には、

・「Mastercard Titanium Card」(チタンカード)

・「Mastercard Black Card」(ブラックカード)

・「Mastercard Gold Card」(ゴールドカード)

の3種類があります。

いずれのカードも金属製ですが、ICチップが埋め込まれており、一般的なクレジットカードと同じ厚みとなっています。これらのうち、最もグレードが高いのは、24金コーティングが施された「ゴールドカード」です。「Luxury Card」では、カードのグレードは、チタン、ブラック、ゴールドという順番で高くなっていきます。

なお、ゴールドカードは招待制ですが、チタンカードとブラックカードは、公式サイト(URL: http://www.Luxury Card.co.jp/)から直接申し込みをすることが可能です。

 

年会費は?

f888d327d22f232df790df3e93d1a115_s

次に、年会費についてご説明します。

アメリカでは、富裕者層向けのカードとして発行されている「Luxury Card」。「ラグジュアリー」とわざわざ名乗っていることからして、年会費もそれ相応であることが容易に想像できます。

実際に、年会費は、チタンカードが5万円、ブラックカードが10万円、ゴールドカードが20万円(いずれも税別)と、プレミアムな設定になっています。

また、「Luxury Card」では、金属製カードということもあり、家族カードも年会費が高くなっています。一般的なブラックカードやプラチナカードの家族カードは、年会費が無料であることが多いのですが、「Luxury Card」のゴールドカードの家族カードは5万円(税別)であり、グレードが一番低いチタンカードでも1万5000円(税別)です。

しかし、この後ご紹介します「World Elite(ワールドエリート)」などのサービスや特典をうまく使いこなせれば、年会費分以上の魅力が得られることでしょう。

年会費3,000円のクレジットカードで、プラチナカード並みのグルメ体験を

2017.03.01

 

Mastercard最上級の「ワールドエリート」が唯一付帯

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

「Luxury Card」の大きな魅力は、何といっても、国際ブランドであるMastercard最上級の「ワールドエリート」が付帯することです。

これまで、日本では、Mastercardの会員ランクは、「スタンダード」、「ゴールド」、「チタン」、「プラチナ」、そして「ワールド」の5段階でした。これらのうち、「ワールド」のクレジットカードとしては、「SBIワールドカード」、「ポルシェカード」、および「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」が既に発行されています。

しかし、「Luxury Card」は、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードが、「ワールド」よりもランクが高い「ワールドエリート」、つまり、Mastercard最上級のクレジットカードになります。「ワールドエリート」のサービスが受けられるのは、現時点では「Luxury Card」のみですので、プレミアム感が高いカードといえるでしょう。

ブラックカードに興味がありますか? その価値をまとめてみました

2017.02.10

 

Luxury Card」の主な特典

a9ae19baa8e2cd323d604c485e14b1d8_s

続きまして、気になる特典について、主なものをご紹介します。

(1)コンシェルジュサービス

「Luxury Card」は、本家アメリカのLuxury Cardと同様に、独自のコンシェルジュサービスを用意しており、24時間365日の利用が可能です。アメリカが拠点のコンシェルジュサービスですので、特に海外渡航時のサポート体制に関して期待できそうです。

Luxury Card ConciergeTMが提供する、世界を網羅する最上級のパーソナルサービスをご体験ください。国内および海外のネットワーク・知識を兼ね備えたコンサルタントが、24時間体制でサポート致します。旅行のプランや大切な方へのギフト検索・購入サポート、コンサートチケットの手配など、お気軽にコンシェルジュまでご相談を。

引用:「Luxury Card」公式サイトの「Luxury Card ConciergeTM」のページ

 

(2)リムジン送迎付きのレストラン特典

「Luxury Card」では、レストラン特典を利用できます。2人以上のコース料理の予約で1人分が無料となるという特典に加え、予約が取りにくいレストランでの食事を楽しめる「Luxury Table」という特典もあります。

それだけではありません。「Luxury Card」では、「Luxury Table」を利用して東京23区内のレストランを予約すると、23区内の指定の場所までリムジンで送迎してくれるサービス(「Luxury Limousine」)も利用可能です(ただし、片道のみであり、リムジンの台数には制限があります。)。

Luxury Table

日本を代表する予約困難な名店や隠れ家的レストランで、会員専用のお席を確保します。Mastercard® Gold CardTM会員限定の店舗もご用意しております。

Luxury Limousine

Luxury Tableをご利用の会員様は東京23区内のレストランと23区内のご指定の場所をリムジンでご送迎いたします。

Mastercard® Gold CardTM会員様には特別な車種をご用意しております。台数に限りがございますので、お早めにご予約を。

引用:「Luxury Card」公式サイトの優待特典のページ

 

(3)ラグジュアリーホテルの優待が利用可能

「Luxury Card」は、ラグジュアリーホテルの優待プログラムを用意しており、世界中の3,000を超える高級宿泊施設において、部屋のアップグレードなどの優待を受けることができます。

グローバル・ラグジュアリーホテル優待

スターウッドホテル&リゾート、マンダリン オリエンタル ホテル グルーブなどで お部屋のアッブグレードなどさまざまなご優待をご用意しております。プライベートな非日常をお楽しみいただくなら会員制の貸別荘を提供するヴィラ・オブ・ディスティンクション、Exclusive Resorts®をご優待価格でご利用頂けます。

引用:「Luxury Card」公式サイトのトラベルのページ

さらに、「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」のリーダーズクラブ特典が付きます。通常150米ドルの年会費がかかる「リーダーズクラブ会員」を、1年間無料で利用することができます。こちらも、対象ホテルにおいて、部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、ウェルカムフルーツの提供などの優待を受けることができます。

 

(4)自動的にハワイアン航空の上級会員に

「Luxury Card」の面白い特典のうちの1つでしょう。ゴールドカードとブラックカードに、ハワイアン航空の上級会員資格が自動的に付帯します。ゴールドカードの場合はプラチナ会員、そして、ブラックカードの場合はゴールド会員となります。プラチナ会員は、無料アップグレード、優先搭乗などの特典を受けることができます。なお、ハワイアン航空はANAと提携をしています。ハワイ諸島へ渡航する機会が多い人にとっては、うれしい特典ではないでしょうか。

ハワイアン航空

HawaiianMilesのエリート会員ステータスを提供いたします。Mastercard® Black CardTM会員はPualani Goldステータスを、Mastercard® Gold CardTM会員はPualani Platinumステータスをご利用いただけます。

引用:「Luxury Card」公式サイトのトラベルのページ

 

(5)「プライオリティ・パス」などが利用可能な空港ラウンジ特典

「Luxury Card」には、世界400都市、1,000以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」が付帯します。会員ステータスは、最高ランクの「プレステージ」となります。なお、同伴者の利用については、1人当たり27米ドルかかります。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスの世界中1000以上の空港ラウンジサービスを無料でご利用いただけます。

*ご利用には事前のご登録が必要です。

ご入会後、ご登録のに必要なインビテーションコードをコンシェルジュまでお問い合わせください。

ご同伴者様は1回27USドルにてご利用いただけます。

引用:「Luxury Card」公式サイトのトラベルのページ

また、日本国内と韓国、ハワイの主要空港ラウンジも、無料で利用することができます。この場合は、同伴者は1名まで無料で利用できます。

国内空港ラウンジ

日本国内と韓国、ハワイの主要空港ラウンジを無料でご利用いただけます。ご同伴者1名様まで無料でご利用いただけます。

引用:「Luxury Card」公式サイトのトラベルのページ

さらに、ニューヨークにも、会員専用ラウンジ(「Luxury Lounge」)が新たに開設されました。今後、同様のラウンジを世界各都市に展開していくとのことです。

Luxury Lounge

ラグジュアリーカード会員様のための特別な空間。会員様専用のラウンジをご用意しております。

ロケーション:ニューヨーク (世界各都市に展開予定)

引用:「Luxury Card」公式サイトの優待特典のページ

【プラチナカード迷っている方必見】年会費14万円のアメックスプラチナカードの招待状が来たので考えてみた。

2015.06.07

 

まとめ

今回は、アメリカ発のクレジットカード、「Luxury Card」についてご紹介してきました。

日本に上陸して間もないですので、日本ではまだ保有者が少ないと思われ、入会資格、コンシェルジュサービスの使い勝手など、分からないことが多くあります。一方、サービス、特典などが今後、増えたり、改良されたり、日本独自のラインナップがさらに登場したりする可能性が考えられます。新しく登場したカードの可能性に期待したいところです。

金属製カードでありながら、ICチップが埋め込まれているとともに、国際ブランドがMastercardであり、安心感があります。年会費が5万円以上かかりますが、サービスや特典をうまく使いこなせれば、年会費の元が取れるのではないでしょうか。

(アイキャッチ画像:http://www.luxurycard.co.jp/)

アメックスプラチナカード以外に持ってもいいと思うクレジットカード5選

2017.01.30

 

 

スポンサーリンク