【ダイナースクラブカード】27歳以上で年収500万円になったらチャレンジしよう

FireShot Capture 2 - カードラインナップ|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード - https___www.diners.co.jp_ja_cardlineup_

こんにちは、プラチナカードホルダーのまひです。

VISA、MasterCard、JCBに続く第4のカードブランドとして、「ダイナースクラブ」があります。

「ダイナースクラブカード」は、他の3つのブランドのカードと比べて少し見劣りがしなくもありませんが、あの「アメリカン・エキスプレス・カード」と並んでVIP御用達のカードとして知られています。

そこで、今回は、「ダイナースクラブカード」につきまして、入会資格と特長を含めご紹介します。

スポンサーリンク

ダイナースクラブカードとは

57fd263242df12eaa2af32be861ff9f2_s

まず、「ダイナースクラブカード」の基本的な事項について、ご紹介したいと思います。

ダイナースクラブは、VISA、MasterCard、JCBに続く第4のカードブランドとして、特に医者や経営者クラスの人たちに好まれています。また、「ダイナースクラブカード」は、「アメリカン・エキスプレス・カード」と双璧をなす、VIP御用達のステータスカードとしても知られています。

「ダイナースクラブカード」は、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブ株式会社が発行し、年会費は2万2000円(税別)です。

この年会費は他社のゴールドカードよりも高く、一般カードから想像もつかないほど高級なイメージが醸し出されています。サービスの質やステータスを考えますと、「ダイナースクラブカード」は一般カードでありながら、ゴールドカード以上の価値があるといえるでしょう。

また、後でご紹介しますように、特典や補償を考えても、年会費相応の高いサービスを提供していることが分かります。

なお、家族カードは、1枚5,000円で発行することができます。

 

ダイナースクラブカードの入会資格

10d067308191a704de0d7ee739707666_s

「ダイナースクラブカード」の審査基準に相当する「入会の目安」は、年齢27歳以上です。さらに、ある程度の年収(500万円以上とされています。)がなければ、審査に通らないようです。

年会費無料のカードが数多く存在し、さらに、年会費1万円程度のゴールドカードが登場しているなか、「ダイナースクラブカード」の年会費は2万円以上と、それなりにします。このように、「ダイナースクラブカード」は、年会費をある程度高く設定することにより、経済的にある程度豊かな人しか持つことができないプレミアムカードとしての地位を築いているといえるでしょう。

医者、士業(例えば、弁護士、税理士)、経営者など、ハイクラスのステータスにあり、稼げている人が審査に有利だとされています。安定してしっかりと稼げていれば、ビジネスパーソンや個人事業主にもチャンスがあります。

 

ダイナースクラブカードの主な特長

eb9a2981a21bc157aff00d1591619598_s

(1)利用金額に一律の制限なし

「ダイナースクラブカード」には、利用限度額がありません。

ご利用金額に一律の制限なし

ダイナースクラブではご利用金額に一律の制限を設けていないため、高額の商品のお支払いや出費が重なる月、長期の海外出張の際でも、ゆとりをもってご利用いただけます。

引用:「ダイナースクラブカード」の公式サイト

 

(2)ポイントの有効期限なし & ポイントを主要航空会社のマイレージに移行可能

毎月の利用金額合計100円につき1ポイントがたまります(「ダイナースクラブ リワードプログラム」)。個人カード、家族カード、ETCカード利用分が、個人カードに合算されます。ポイント(「ダイナースクラブリワードポイント」)には有効期限がありませんので、安心してじっくりためることができます。たまったポイントは、さまざまな商品と交換したり、他社のポイントに充当・移行したりすることができます。

「ダイナースグローバルマイレージ」では、1,000ポイントを1,000マイルに換算し、主要航空会社6社のマイレージに移行することができます(ただし、年間参加料として6,000円(税別)が必要です。)。

ご請求金額100円ごとに1ダイナースクラブリワードポイントが貯まります。ポイントに有効期限はありません。

貯めたポイントは、ダイナースクラブが自信をもっておすすめするグルメ、ワイン、家電などを中心に、バラエティ豊かな賞品に交換いただけます。

各種商品券も充実。マイル、楽天スーパーポイント、スターバックスカードなどへのポイント移行も可能です。

引用:「ダイナースクラブカード」公式サイトの「選べる大人キャンペーン」のページ

 

(3)レストランおすすめの特別コースが1名分無料

「エグゼクティブ ダイニング」という優待サービスでは、ダイナースクラブと提携している特定のレストランのコース料理が1名分無料となります。このような優待は、プラチナカードにはよくあります。それが、一般カードの「ダイナースクラブカード」で受けられるとは、格別のことですね。

なお、6名以上の利用で2名が無料、というプランもあります。グループで食事をする際に、お得で便利です。

「エグゼクティブ ダイニング」の利用は、4月1日~9月30日と10月1日~3月31日の各期間、1店舗につき一家族1回に限定されています。ですが、この特典だけでも、年会費の元を取ることができます。

通常プラン

全店舗対象

会員様を含む2名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、1名様のコース料金が無料

グループ特別プラン

対象レストランにてアイコンのある店舗対象

会員様を含む6名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、2名様のコース料金が無料

「まずは自分の店の味を試してもらいたい。」

そんなオーナーやシェフの想いから、各店舗が一押しのコース料理を1名様無料でご提供しています。

カジュアルからラグジュアリー、和食・洋食・中華まで様ざまなお店が参加しています。

ぜひ初めてのお店にも足をお運びいただき、新たな出会いをお楽しみください。

引用:「ダイナースクラブカード」公式サイトの「エグゼクティブ ダイニング」のページ

 

(4)国内外600か所以上の空港ラウンジが無料

国内・海外に600か所以上ある空港ラウンジを無料で利用できます。家族会員も無料で利用できます。

空港ラウンジは、出発までの待ち時間をゆったりと過ごしたいときや、乗継ぎなどのフライトの合間に集中して仕事をしたいときなどに便利です。

空港ラウンジサービス

旅のはじまりの心踊るひとときを快適に。国内外約600ヵ所に設置した空港ラウンジを会員ご本人様は無料でご利用いただけます。ご出発までの時間を、ゆったりお過ごしください。

引用:「ダイナースクラブカード」公式サイトの「選べる大人キャンペーン」のページ

 

(5)最高1億円の旅行保険

「ダイナースクラブカード」に付帯する保険は充実しており、中でも、旅行保険は、国内・海外を問わず、最高1億円の補償が受けられます。

海外旅行保険では、「ダイナースクラブカード」を持っているだけで保険が適用される「自動付帯分」として最高5,000万円と、飛行機代や旅行代金をクレジットカードで支払うことで「利用条件分」として最高5,000万円の、合わせて最高1億円の補償が受けられます。

また、国内旅行保険は自動付帯ではないものの、「利用条件分」として最高1億円の補償が付きます。

なお、家族カード会員も、本会員と同様の補償が受けられます。

海外で病気にかかったり、けがをしたりして治療をすると、とんでもない金額の治療費を請求されることがあります。海外旅行保険が付帯することにより、万一、海外で病院に行く羽目になったとしても、保険で治療費をカバーできますので、高い費用を支払うことなく、安心して旅行をすることができます。

最高1億円の旅行保険

傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円をはじめとする充実の補償をご用意。

国内・海外を問わず安心の補償が受けられます。

引用:「ダイナースクラブカード」の公式サイト

 

まとめ

今回は、「ダイナースクラブカード」についてご説明してきました。

「ダイナースクラブカード」は、医者、士業、経営者など、ハイクラスの方が保有している割合が高いとされています。

年会費がそれなりにするカードですが、海外旅行や出張をしたり、高級レストランを利用したりする機会が多い方(先ほど触れたハイクラスの方とも重なります。)には、年会費以上の価値があり、コストパフォーマンスに優れたカードと思われます。

ビジネスパーソンでも、安定してしっかり稼げている方であれば、「ダイナースクラブカード」を入手できるチャンスはあり、入手する価値もあるでしょう。

今回の記事を読まれて感じるものがあったという方は、一度チャレンジされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク