プラチナカードのまとめ(基本のキ)

a8cda23425e592504484de452bbad5b4_s

こんにちは、プラチナカードホルダーのまひです。

「プラチナカード」というカードがあることをご存じの方は多いと思います。

プラチナカードは、ゴールドカードよりもグレードの高いカードですが、そのサービスの概要や保有メリットなどまで詳しく知っている人は、まだ少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、プラチナカードの基本的事項とその主なサービスについてご説明します。さらに、プラチナカードに関してよくある質問とその答えについてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

プラチナカードの基礎のキ

7b851790d732a676b34aef9c32fa3ced_s

プラチナカードとは?

まず、「プラチナカード」という名称についてご説明しましょう。

「プラチナカード」は、クレジットカードのグレードの名称の一つです。例えば、有名なグレードに「ゴールドカード」がありますが、プラチナカードは、ゴールドカードよりもさらに上のランクに位置するカードです。

では、なぜ、プラチナカードは、ゴールドカードよりも上のグレードにあるのでしょうか?

それは、ゴールド(金)よりもプラチナ(白金)の価値の方が上だとされているためです。商品相場では、まれに金の価値が白金よりも上回ることがありますが、通常は、白金の価値の方が高いといわれています。

 

プラチナカードの年会費

次に、気になるプラチナカードの年会費についてご説明します。

プラチナカードの年会費は実に幅があり、2万円程度のカードもあれば、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのように14万円のカードもあります。

このため、単にプラチナカードを持ちたいという目的であれば、年会費の安いカードで十分でしょう。一方、プラチナカードを持つのなら、せめてサービス内容が充実している方がよいと考える場合は、年会費が5万円以上のカードを選ぶとよいでしょう。

 

プラチナカードの入手方法

プラチナカードは、どのようにして入手するのでしょうか?

その方法は、大きく分けて2つあります。1つは、年会費無料カードやゴールドカードのように、利用者自らがカード会社に申し込みする方法です。この方法では、入会審査を突破さえすれば、誰でも簡単にプラチナカードを入手することができます。

そして、2つ目は、「インビテーション」と呼ばれる、カード会社からの招待状が届かないと作れないというものです。この方法では、作りたいと思っても、自ら申し込んでカードを作れません。一般に、年会費が5万円以上のプラチナカードは、このインビテーションが必須であることがほとんどです。

なお、最近では、インビテーションがなくても作れるプラチナカードが増えてきています。

インビテーション無しで入会できる「SBIプラチナカード」を研究してみた。

2016.02.12

 

プラチナカードの主要サービス

3df80232f69ef64efc048d02ae6f3e88_s

プラチナカードの基本的なことが大体お分かりになったことと思います。次に、プラチナカードに付帯する主なサービスについて、表にまとめました。ぜひご参照ください。なお、下の表に示したものはあくまでも一例であり、これら以外にも、プラチナカードにはたくさんの保有メリットが用意されています。詳しくは、カード会社の公式サイトをご覧ください。

プラチナカードに付帯する主なサービス

サービス内容概 要
コンシェルジュサービスプラチナカードに付帯する代表的なサービスであり、無料の秘書サービスです。例えば、調べ物をしてもらったり、レストランや航空券の予約をお願いしたりするのに便利なサービスです。特に、忙しいビジネスパーソンには有用です。
ショッピング保険プラチナカードを使って購入した商品が、購入直後に壊れてしまったり、盗まれてしまったりした場合に対応可能な保険です。適用商品は限られていますが、万一の場合に安心です。
ポイント制度の優遇プラチナカードの中には、通常のクレジットカードよりもポイントがたまりやすいカードが多く存在します。年会費分のポイントを稼ぐのは理論的に難しいのですが、それでもポイントを多く獲得できますので、うれしいサービスです。
レストランの優待高級レストラン、料亭などの店舗での支払い料金が安くなるサービスを提供しているプラチナカードも増えてきました。レストランなどを多く利用する人にはお得です。
医療相談病気になったときの相談ダイヤルを用意しているプラチナカードも多くあります。病気かも知れないけれども病院に行く時間がない、という場合などに有用なサービスです。
ホテルに優待価格で宿泊ホテルに優待価格で宿泊できるサービスもあります。
ホテルのアップグレードホテルの部屋などのアップグレードサービスに対応しているプラチナカードもあります。
空港ラウンジ無料利用国内主要空港のラウンジが無料で利用できるサービスです。飛行機での出張が多い人にはお得です。
プライオリティ・パス国内の空港だけでなく、海外の主要空港でもラウンジが使えるパス(カード)です。

(調査結果)プラチナな人のためのプラチナ・デスクの使い倒し方(前編)

2016.01.07

アメックスプラチナカードに付帯されているプライオリティ・パスは実質無料で手に入れることができた件

2016.09.04

 

プラチナカードに関してよくある質問

2c46ee858d3d7afe81d04b4f96035ed2_s

次に、プラチナカードに関してよくある質問とその答えを以下にご紹介します。こちらもぜひご参考ください。

Q:プラチナカードを作るのって難しいの?

A:プラチナカードの審査基準は、カード会社によってさまざまです。審査を通ることが難しいプラチナカードもあれば、年収300~400万円の社会人でも審査に簡単に通ってしまうプラチナカードも存在します。

このため、とりあえずプラチナカードを入手したいという人は、比較的審査が緩いといわれているプラチナカードを検討してみるのがよいでしょう。格式の高いプラチナカードは審査が厳しいので、ご自身の属性と相談して考えましょう。

 

Q:プラチナカードの保有率はどのくらい?

A:プラチナカードを持っている人の比率は、クレジットカードの全保有者に対して1%前後といわれています。これは、ゴールドカードの保有率と比べてかなり低い数字です。ゴールドカードは、以前に比べて入手するのが容易になっています。カードにステータス性を求めるという人は、プラチナカードを検討してみてはいかがでしょうか。

 

Q:海外でも使えるプラチナカードはある?

A:プラチナカードは、海外でも問題なく利用することができます。特に、Visa、MasterCardなどの国際ブランドと提携しているプラチナカードの場合は、利用できる国や店舗が広がります。

 

Q:ポイント獲得で年会費の元は取れるのか?

A:プラチナカードを利用して獲得できるポイントで年会費の元を取ることは、ほとんど無理でしょう。例えば、ポイント還元率1%、年会費5万円のプラチナカードで年会費の元を取ろうとすると、1年に500万円の利用が必要になります。これは、一般人には現実的ではありません。

このため、プラチナカードを利用したいという人は、ポイント以外の付帯サービスにどれくらいの価値を見いだすことができるか、という観点から検討するのがよいと思います。その結果、付帯サービスに魅力を感じないという場合は、下位のゴールドカードや年会費無料のカードを考慮される方がよいでしょう。

 

Q:コンシェルジュサービスって便利なの?

A:先にご紹介したとおり、コンシェルジュサービスは、プラチナカードに付帯する代表的なサービスです。しかし、頻繁に利用する人がいる一方で、一切利用しない人や、利用してみたものの、あまりメリットを感じなかったという人もいるようです。プラチナカードの保有者には、さまざまな属性の人がいますので、コンシェルジュサービスが便利かどうかは人それぞれということになります。一般的には、仕事が忙しい人や、旅行をすることが多い人などは、それなりのメリットが享受できるサービスといえるでしょう。

また、コンシェルジュデスクは、カード会社によって異なります。ですので、人によって合う、合わないがあると思われます。自分に合ったコンシェルジュデスクを見つけたいのでしたら、2~3種類のプラチナカードを保有して試してみるのもよいでしょう。

【プラチナカード迷っている方必見】年会費14万円のアメックスプラチナカードの招待状が来たので考えてみた。

2015.06.07

 

まとめ

プラチナカードの基本的な事項について、ご説明してきました。この記事を読まれて、興味を持たれた方もおられると思います。

プラチナカードには、さまざまな付帯サービスがあります。また、審査基準もカード会社によって異なります。プラチナカードを入手したいとお考えの方は、これらの点を含めて検討されるとよいでしょう。

プラチナカードになんて縁がないと考えておられた方が、この記事をきっかけに、関心を少しでも持たれたとすれば望外の喜びです。

 

 

スポンサーリンク